5月28日 U-10オレンジカップ

オレンジカップ2017 第2回リーグ戦

会場:東海ピッチ 15分ハーフ 3試合

 

vs 湖北KS ●1-3 得点:8分 そうが

vs UNICO SS △4-4 得点:1分 まとい、7分 そうが、8分 まとい、27分 たいよう

vs 東員SS ●0-4

結果:1分2敗 得点5失点11

 

終日運営いただきましたオレンジカップ事務局の皆様、貴重な経験の場をいただきありがとうございました。

対戦いただきましたチームの選手・スタッフの方々、ありがとうございました。

また、代理としてお声を掛けていただきました大野SCさん、選手達も、そしてチームとしても意義ある成長の場となりました。

ありがとうございました。

 

 

小学生のサッカーを10年近く見てきた経験からの持論。

あくまでコーチの持論であって、一般論ではないよ。

サッカー少年は二分できる。

『サッカー選手とサッカーをやっていますって子』とに。

昨日のオレンジカップでの君たち9名を見て、内『サッカー選手』は2名、『サッカーをやっていますって子』は7名。

上手い下手ではないし、学年も関係ない。

見てたのは試合だけじゃないからね。

君たちそれぞれがそれぞれの目的や目標を持ってサッカーをしているだろうから、無理やりにここで言う選手にしようとはしない。サッカーは自由だからね。

だから『サッカー選手とサッカーをやっていますって子』との違いってのも説明しない。

説明しちゃえば、それは自発じゃないから。

 

ひとつだけ…

10年近く見てきた結果、大体この事実とリンクする。

2名はリフティング100回できる。7名はそれができない。

 

リフティング100回、簡単じゃない。

難しいし、最初は特につまらないし、孤独だし。

けど、出来るようになった子は、それと真剣に向き合って乗り越えた子だよ。

何かを犠牲にして、自分の気持ちと戦いながら毎日ボールを蹴りつづけた子だよ。

懸けたものがあるから、得られたものがあるんじゃないかな。

 

7名の内、今真剣にチャレンジしている子が居るのもわかってます。見ればわかるからね。

 

リフティング100回ができるようになった!

コーチはここが堺だと思う。

その先に何があるかは、自分で体感してほしい。

 

れお。

2試合目からの君のプレーは、コーチも見てて楽しかった。

自分を変えられるのは最終的に自分の覚悟だからね。

今後の練習もあの意識で臨んでほしい。

 

最後に、保護者の皆様には今回もご理解・ご協力ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年5月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : seinoucity